母の日特集

5月の第2日曜日は母の日ですね。
母親へ日頃の感謝をお伝えする大切な日です。

母の日では、カーネーションを贈ることが一般的ですが、
その理由ってご存じでしょうか。

今回は、母の日の由来やカーネーションを贈る理由、それらの背景についてまとめていきます。

1.母の日は世界共通の催し

母の日は日本独自の文化と思っている方も少なくないと思いますが、
母の日は世界的に行われる共通の文化です。

起源については諸説あります。
その中で日本で浸透しているといわれる起源は、アメリカの「アンナ・ジャービス」という少女にまつわる史実になります。

1900年代序盤、アメリカに「アンナ・ジャービス」という少女がいました。
その少女は自分のことを懸命に育ててくれた母の死を悼み、カーネーションを捧げます。
その時、彼女は生きているうちに母親にもっと感謝の気持ちを伝えるべきだと考え、その機会を設けるようアメリカ全土に働きかけました。

この活動が実を結び、1914年にアメリカ国家として正式に5月の第二日曜日を母の日とすると制定されたのです。
たった1人の少女の想いがアメリカという大きな国を動かした瞬間でした。

この話が日本にも届き、5月の第二日曜日を母親に感謝の気持ちを伝える日としたそうです。
映画のような本当の話です。

2.母の日に贈るお花♪

母の日に贈るといいとされているお花は「カーネーション」です。
特に赤いカーネーションが良いとされています。
これは、先の母の日の由来にかかわった少女「アンナ」が母親に贈った花がカーネーションだったというのが起源になっているのだとか。

カーネーションは多種多様な色を持つお花なので、一口にカーネーションと言っても、何色にしたらいいのかと悩む方もいるかと思います。

カーネーションの花の色のオススメは赤色です。
その理由は、赤いカーネーションの花言葉が、「母への愛」、「真実の愛」、「情熱」と母の日にあった意味をもつためです。

その他にも。ピンクは「感謝」、「気品」、「温かい心」、「美しいしぐさ」と女性らしい素敵なものになっています。
それに、ピンク色のカーネーションはとってもかわいらしく受け取った方も嬉しいこと間違いなしです。

気をつけていただきたいのは、白のカーネーションです。
なぜなら、白のカーネーションは故人に対して贈る意味合いを持つためです。

これは、アメリカで母の日が制定された際に、母親が亡くなった方は白のカーネーションを胸にさし母親を称えたという実話と、白のカーネーションが「私の愛情は生きている」、「尊敬」という花言葉を持つためとされています。

特に注意が必要な色が黄色です。
黄色のカーネーションは「軽蔑」、「嫉妬」という花言葉を持つため贈り物としてはオススメできません。

また、カーネーションのお花は、「女性の愛」、「感覚」、「感動」、「純粋な愛情」という花言葉を持ちます。
たくさんの愛情を持って接してくれるお母さんへ贈るのにピッタリなお花ですね。

母の日に贈るのにピッタリなハーバリウムはこちらです。
赤いカーネーションのハーバリウムです。

素敵な花言葉を持つ、カーネーションに、さらに意味合いを足して、朽ちないハーバリウムをチョイスして、贈ってみてはいかがでしょうか。

「ヒカリの舞踏会(カーネーション・レッド)」

 

「ヒカリの舞踏会(カーネーション・ピンク)」

 

「フラワーリウム(カーネーション・レッド)」

 

「フラワーリウム(カーネーション・ピンク)」

今回は母の日の由来やカーネーションの色の意味につてご紹介させていただきました。

ちなみにですが、母の日のプレゼントが毎年同じ傾向になりがちで、贈りがいがないのではと思う方、そんなことはありません。

母の日の贈り物を選ぶ際にも、カーネーションを素敵なフラワーアレンジメントにするか、瑞々しい生花にするかという選択肢があったり、ギフトセットにしてスイーツと一緒にしたりすることもできます。
ぜひ楽しみながらお母様が喜びそうなものを選んでみてください。

きっと、皆さんの気持ちもアンナ・ジャービスのようにお母様へ伝わることと思います。

ぜひ、素敵な母の日をお迎えください。

 

 

ページ上部へ戻る